現在サイトリニューアル中です。ご迷惑をおかけしております。
■ 大島紬とは 大島紬スタイリング方法

大島紬コーディネートが簡単な3つの理由

私たちは毎日、当たり前のように洋服を選び、コーディネートしていますが、

「あなたの洋服の、色・形・素材の組み合わせは、うまく出来ていますか?」
「あなたのその洋服コーディネートは、TPOに合っていますか?」

きっと、洋服スタイリングの正解や、ルールを熟知している人はほとんどいないはず。

洋服は毎日着ていれば、年間に約365回のコーディネート場数を重ねています。
年間に365回のコーディネート練習をしているということ。

その場数や経験値により私たちはなんとなく「これはいい」という、ご自身のコーディネートパターンが出来上がっているという方が多いのではないでしょうか。

実際には、洋服でもルールやマナーとは違った着こなしの方はたくさんいらっしゃいますが、正式な場所以外の日常シーンではそれでいいと私は思っています。

 

着ている自分が、楽しく心豊かになれば、まずはそれでいいのです。

着る回数が増えていくうちに、ルールに気づく機会がきたとき
必要な方は改善しながら、楽しめると素敵だと思うのです。

 

着物も大島紬も同じ。

 

冠婚葬祭やフォーマル以外、
日常シーンでしたら、着方が多少違っていても相手へのご迷惑にはなりませんし、
当然、法律違反になどなりません(笑)

「着物警察」という、着物ルールを押し付ける方もまだいらっしゃるようですが、
もし「洋服警察」がいたら、きっと全員アウトかもしれません(笑)

洋服同様、着物であっても大島紬であっても、
いろいろ考え過ぎず、まずは楽しむ気持ちが大切なのです。

どのような着方であっても、
「着物を実際に着ている人」
「着物を着てみたい!と興味を持っている人」こそが素晴らしいと私は思います。

 

※大島紬の和装的着方の基本(次の記事予定)

 

 

洋服よりも簡単!着物のコーディネート

 

一般的なファッションコーディネートには「色・形・素材」の3つの要素が含まれます。

 

  • どの色を選ぶか、どの色×色でカラーコーディネートするか。
  • どの形を選ぶか、デザイン(ラインやシルエット)はどうするか、そして柄(パターン)はどうするか。形×形のコーディネートはどうするか。
  • どの素材を選ぶか。素材×素材のコーディネートはどうするか。

 

洋服を着こなすには、

「色・形・素材」のそれぞれの要素とその組み合わせを考え、
バランスよくコーディネートしていく必要があります。

ですが、着物(和装)にはコーディネートに必要な要素が2つ以下。
洋服よりも少ないため、ポイントさえおさえてしまえば簡単シンプルに着物コーディネートを楽しむことができるのです。

 

着物のコーディネートが簡単な理由①「形を悩まなくていい」

着物は、基本的な着姿が決まっているため、

「形」の中の【柄】のみを考えれば、
シルエットにおいては、さほど考える必要がありません。

 

和装は基本的な着姿は決まっていますが、
襟の角度や衣紋の具合、全体のシルエットや裾のバランス、帯の幅や高さ、帯締めの位置など1cm単位のこだわりにより、美しい着姿を引き出します。

 

※和装の美しい着姿(次の記事予定)

 

 

大島紬のコーディネートが簡単な理由②「素材も悩まなくていい」

また、本場大島紬は「絹糸100%の平織り生地」と統一されているため、

素材においても さほど考える必要がありません。

 

コーディネート上級者の方へはぜひ
「大島紬(の生地)の魅力を活かし、どのようにファッションコーディネートしていくか?」の応用編に挑戦してみてください。

大島紬にも、紬糸を使用した真綿大島などございますが、
一般的な本場大島紬は、生糸を使用した平織100%の生地です。

 

※大島紬のファッション分析(次の記事予定)

 

大島紬のコーディネートが簡単な理由③「いつ着てもOK!オシャレ日常着」

大島紬を含む「紬」は、着物の格としては「街着・普段着」

結婚式や慶事弔事や、フォーマルなシーン以外、
ほとんどのシーンで着ることができます。

  • 普段着なので、多少のハズしがあっても誰へも迷惑はかかりません。
  • 普段着なので、ラフな気持ちで楽しめる着物です。
  • 普段着ですが、ちょっとしたお出かけも大島紬を着ることでスペシャルな1日にすることができます。

大島紬コーディネートこそ、ファッションの1つとして、おしゃれの1つとして、楽しんでいただきたい着物なのです。

誰もが憧れる高級品質であるのにも関わらず、普段使いができる大島紬は
究極のお洒落着しゃれぎなのです。

 

秋葉

1年間のうち、フォーマルなお出かけ日は何回ありますか?
普段から着ることができる大島紬は、1年間でおそらく300日は楽しめます。(土日だけ着ても年間96回!)

 

※大島紬は、着物の格は普段着でも「普段着使い」が向かない理由(次の記事予定)

 

 

大島紬のコーディネートポイントは「色」と「柄」のみ

ファッションコーディネートの1つとして大島紬を楽しむ場合、

  • 何色の大島紬を選ぶか、帯や帯締め帯揚げなどの小物との配色バランスはどうするか。
  • 大島紬の柄はどのような柄か、帯との柄バランスはどうするか。

この2つのポイントのコツをおさえると、簡単に素敵なコーディネートが仕上がります。

 

着物としての大島紬という感覚だけでなく、ぜひファッションとしての大島紬という感覚でもコーディネートを楽しんでいただけると嬉しく思います。

image collage

 

秋葉
秋葉

洋服とまったく同じように!ということではありませんが、
例えば泥大島も「モノトーン・コーディネートの1つ」として楽しむことで、大島紬コーディネートの幅も広がります。

 

 

大島紬の色や柄の選び方は、以下のリンク先にてご紹介しています。

大島紬のファッション的「選び方」
「大島紬は高い」 というイメージがありますが、その理由を知らない方がほとんど。 大島紬には作家物と呼ばれるものがほとんど存在しないため、 ネームバリューやブランドイメージで価値や価格が決まるのではなく、 「技術」= 「価格」大島紬

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました