現在サイトリニューアル中です。ご迷惑をおかけしております。
運営事務局レポート

大島紬イメージブックへの想い

こんにちは。
大島紬アンバサダー事務局の秋葉深起子です。

先日スタートした「大島紬イメージブック」の撮影。
大島紬アンバサダー里一帆さんと、楽しい撮影を行いました。

私が、大島紬PR活動のためのイメージブックを作ってみよう・・・と思ったのは、
それまで「私も着たい!かっこいい!」と思う大島紬姿の写真を見たことがなかったから。

 

着物に興味がない私が、奄美大島に住むことにより大島紬の存在に改めて気づき、
その工程を知ることで奥深さに惹かれ、大島紬を着た瞬間の心地よさに惹かれたけれど、

当時30代後半だった私にとって、目にする大島紬姿は古臭くてダサかった。

これが、初めて大島紬を見た時の正直な印象でした。

それでも、本業であるロケーション撮影を通して、
様々な大島紬姿に触れる機会が増えると少しずつ、その魅力を理解できるように私自身も成長し、

やがて「私だったらどう着るか」に挑戦してみよう…と思ったのが2年半前。

その頃、本場奄美大島紬美人という大島紬PRをするお仕事とご縁があり大島紬を着る機会が増えました。

紬美人としての2年間の活動の中で感じたことは、

・大島紬は着る人によって見え方が違うこと。
・和装は着る人の中身を映し出すということ。
・大島紬は女性としての成長をさせてくれるということ。

大島紬を“ただの服”として着るのではなく、
自分のアイデンティティの1つとして着こなす人の大島紬姿は、美しい。

洋服よりもずっと時間のかかる和装。
その着付け時間さえも楽しめる心を持っていることが美しい。

大島紬アンバサダーになってくださった方々は、
まさにこの心の持ち主なのだろうと。

そして私は、この美しい大島紬姿を伝えたい…と、イメージブックを作ることにしました。

 

初めて大島紬を見た方たちが、
「わっ!素敵!私も着たい!私も欲しい!」
「私も、この方のように大島紬(着物)を着こなせる女性になりたい!」と、

これまで知らなかった世界と出会え、
女性として人としての魅力に磨きがかかる。

大島紬イメージブックがそのきっかけの1つになると嬉しく思います。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました