現在サイトリニューアル中です。ご迷惑をおかけしております。
大島紬アンバサダー@東京

【初めまして @大島紬アンバサダー東京 yasudakanako】

初めまして。

大島紬アンバサダー・東京の

yasudakanakoこと、安田加奈子と申します。

 

奄美に続き、東京も1月中旬より活動開始しました。

奄美本部の「大島紬アンバサダー」の盛り上がりを受け、

東京や関東近郊のメンバーも増えつつあります・・・!

 

 

さて、本日は、

皆様に「初めまして」のご挨拶をさせていただきたく存じます。

 

私の仕事は、普段はテレビ番組の制作プロデューサー、

そしてごく限られた個人・法人様向けですが、

映像制作のアドバイスを行なっています。

 

 

そんな私は、鹿児島県の鹿児島市で生まれました。

母が鹿児島市で大島紬の織工をしていたため、

機(はた)織りの「バッタンバッタン」という音を

生まれた時から間近に聞いていました。

家族で奄美に移住したのは幼少期。

それから18歳で島を出るまで、奄美大島で育ちました。

 

 

私が奄美で住んでいた地域は、

30年ほど前(子どもだった頃)までは、

織元さんや織工さん、泥染の工房と、

大島紬に関わる人たちがたくさんいらっしゃり、

学校帰りには、家々のから機織りの音、

工房からは染色する香りが、いつも立ち込めていました。

 

 

そんな風に「大島紬」が身近にある環境にいた私ですが、

大島紬歴・着物着用歴に関しては、たった2年の、超「着物ビギナー」です。

 

 

それは「作り手が身近にいる環境」で育ったからといって、

必ずしも「着物を当たり前に着る環境」ではなかったからだとも言えます。

(洋服生活が当たり前なのは、奄美も同じです。)

 

 

着物に少し興味を持つようになり、

母から「大島紬」を譲り受けたのは、30代に入ってから。

 

その頃、着物を自分で着られるようになるために、

様々な着物の本を買い漁り、

有名な着付けの先生のDVDを見て真似たのですが、

さっぱりうまく着ることができず・・・

 

「自分には、着物は着られないのかも」

そう思いこみ、

大島紬は「タンスの肥やし」になってしまいました。

 

 

それから着物を寝かせること10年余り・・・

2018年に東京で、

「粋に着物を着こなす、若い女性・同世代の女性」

「洋服とミックスした着物姿が、カッコかわいいお姉さま」

そんな、

「自分らしく着物を着こなす方々」との素敵な出会いがあり

もう一度「着物を着てみたい」思いが再燃しました。

 

そして、「今度こそは着物を着られるように!」と、

着付けの先生にも教えを乞い、

時にyoutubeの着方動画や

様々な着物の先輩方のお知恵・お声も借り・・・

なんとか自分で着られるようになりました。

 

 

着物も大島紬も、まだまだビギナー。

ぽってり体型の上に、時に着方も亜流なので、

皆様のお目汚しかもしれません。

 

ですが、

私を育ててくれた故郷・奄美が誇る

大島紬や着物の良さを

大島紬アンバサダーの仲間たちと共に発見し、

楽しみながら発信していきたいと思っています。

 

もしご興味を持っていただけるようであれば、

大島紬アンバサダーの仲間・

お着物仲間になっていただけると嬉しいです。

 

そして、着物の諸先輩がた、

若輩者の私たちに、楽しく着物生活をお教えいただけると、とっても嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました